凶器注目効果

心理学,知覚心理学,社会心理学,認知心理学ロフタス,凶器効果

Loftus, E.F. (1987)

weapon focus effect

今回は凶器注目効果についてです。たまに試験では択一や、ごくまれに記述でも出ますね。早速見ていきます。

これはロフタスによって提唱されました。凶器効果とも呼ばれています。

目撃者が、武器を持った犯人を何らかの状況で目撃した場合、目撃者はその犯人の顔よりも凶器に注目し、顔の容貌に関する知覚や記憶が成立しにくくなることです。

この説を提唱するための研究は行われていますが、そこまで重要ではないので、サラッと紹介します。

Contents

<研究>

・ファストフード店で、レジに凶器を向けているスライドと、小切手を差し出す客のスライドを呈示します。

→その時の眼球運動を測定します。

⇒このような小さな研究がいくつもされており、約19つの個別研究のメタ分析による結果からも、この効果はバイアスではないことが示されています。

また、追加で記載することがあったらまた追記します。今回はこれで終わります。お疲れ様でした。